FXのことなら、お任せ!

RSIの見方

チャートの見方RSIの見方

RSIは買われすぎ、売られすぎを判断するテクニカル分析で、
オシレーター系指標の一つです。

  • 過去一定期間の価格から、現在値が相対的に高いレベルなのか低いレベルなのかを0~100%の範囲で評価する手法です。
  • 一般的には9日間や14日間が多く利用されますが、投資スタンスから3日や5日と短くして感度を高めるケースもあります。(自分のトレードのカタチや過去の結果から、自分にあった日数に設定します。)
  • RSIの見方ですが、70%以上だと買われすぎ、30%以下だと売られすぎと判断します。(短期に設定して感度を高めると、簡単に30%、70%を超えてしまい、ダマシが多くなり、売買タイミングを誤る事があるので注意が必要です。)

    上の図を見手下さい。RSIには70%と30%のラインを青で入れています。
    青いラインより外側にあるときが、買われすぎ、売られすぎを表しています。
     そして、再び30%~70%の内に戻るとき、(赤い丸で囲んだポイント)が売買のタイミングを表します。
    注意としましては、上昇トレンド若しくは下降トレンドの中で、頻繁にサインが現れることもあるので、他のテクニカル分析と併用することが大切です。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional