FXのことなら、お任せ!

ボリンジャーバンド×MACDの見方

チャートの見方ボリンジャーバンド×MACD

これさえ使いこなせれば OKです

  1. テクニカル指標を単体で使うと言うことは、時に売買タイミングを計る判断材料としては、信頼性に欠ける場合があります。ですので、それぞれの特徴を活かして複数の分析手法を組み合わせることで、精度の向上が期待できます。
  2. 「MACD」は順張り系のテクニカル指標の代表で、トレンドを読み取る指標として適していますが、ボックス相場においてはサインを捉えにくいという欠点があります。
    ですので、逆張り系としても活用できる「ボリンジャーバンド」と組み合わせて、売買タイミングをつかみます。

上の図を見て下さい。
相場が上昇トレンドにある場合、「ボリンジャーバンド」を逆張り系の視点で見てみます(A)。上の図では、ローソク足が+2σ付近で張り付きながら高値を更新し続けてます。
つまり「売りサイン」を出し続けたまま上昇していることとなります。
しかし、これではいつ売りの注文を出せば良いのかが分かりません。
逆の下降トレンドの場合も同じで、-2σをタッチしたまま下降しているのが分かります(B)。

そこで、トレンド系の「MACD」とオシレーター系の「ボリンジャーバンド」を組み合わせた分析をみてみましょう

  • 「MACD」では、MACDが右肩上がりに上昇を続け、上昇トレンドを示しています。
    そのあと、MACDがゼロラインより上の位置でシグナル線を上から下へ突き抜ける「デッドクロス」(売りサイン)となっていますが、ほぼ水平にクロスしているため、この場合は信頼度が低いと判断されます。(C)
  • 上記の例でいうと、MACDでは一度(C)デッドクロスしたものの、その後に「ゴールデンクロス」し上昇トレンドが続いているため(D)、今回の場合は売りサインではないと判断できます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional