FXのことなら、お任せ!

ボリンジャーバンド

チャートの見方ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは、移動平均(上の図面の真ん中の点線)
を中心として上下に線を引くものです。線は標準偏差が使われ、ほとんどの値段がその上下の線の間のバンドの内に収まることになります。

  • 紫の線内の幅の中に納まる確立は、約68%です。
  • 緑の線内の幅の中に納まる確立は、約95%です。
  • 黄緑の線内の幅の中に納まる確立は、約99%です。

ボリンジャーバンドの逆張りポイントボリンジャーバンドの逆張りポイント

移動平均線上と下に引いたボリンジャーバンド(±2σ)の中で為替レートが推移する確率は約95%です。そのレンジ内から飛び出したものは売買するサインとなることが多くなり。特にボックス圏内で相場の行き過ぎを見る場合に有効な逆張りポイントと言えます。


ボリンジャーバンドの順張りポイントボリンジャーバンドの順張りポイント

それまでバンドの幅が狭いボックス圏内で動いていた、
相場に勢いがつき出し、標準偏差の上下2本のラインから大きく
外れる動きが見ることが出来たら、大きなトレンドの流れが発生したと考えられるので。
上の図のようにロワーバンドを大きく下抜けたら売りサインとなりやすいです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional