FXのことなら、お任せ!

ストキャステックス

チャートの見方ストキャスティクスの見方

ストキャスティクスは、相場の買われすぎ、売られすぎを判断するオシレーター系の指標です。

  • 相場の売られすぎ買われすぎを0~100%の数値で表示するという点で視覚的にもRSIと似ていますが、異なる点はストキャスティクスにはラインが2本あるところです。
  • 上の図で、75%以上を買われずぎ、25%以下は売られ過ぎを表しています(グレー色のゾーン)。
  • 売買のポイントとは、赤色の%Kが青色の%Dを下から上に突き抜けた時が買いのシグナル(ゴールデンクロス)、その逆(デッドクロス)が売りシグナルです。また、売買サインの信頼度を高くするために、買われずぎのゾーンを85%以上、売られずぎのゾーンを15%以下に設定するなどの工夫をすることが大切です。
  • レンジ相場での逆張りで最大威力を発揮するチャートです。
  • ストキャスティクスは、「ファスト・ストキャスティクス」と「スロー・ストキャスティクス」の2種類のストキャスティクスがありますスロー・ストキャスティックスは、ファスト・ストキャスティックスよりも遅れてシグナルを出す特徴があり、比較的緩やかな曲線を形成します。
  • 頻繁に売買する方は「ファースト・ストキャスティクス」を使うほうが効果的だと思いますが、その分、だましも多くなります。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional