FXのことなら、お任せ!

''は行''

用語説明

始値
取引時間内もしくは、取引期間内において、取引が開始された時の値段

バックオフィス
金融取引の清算に関わる後方事務部門

バリューデート
金融商品の取引の実行日

評価損益
保有しているポジションに対して、その時の現在レートで、
どれだけの含み益(損)がでているかを評価したもの

ピップス (Pips)
ポイントとも言う
クロス円は小数点2桁目を1pip、その他の通貨は小数点4桁目を1pipとしている

ビッドレート
金融商品取引業者が、価格を示して
特定数量の商品を買付ける旨の申出をすること。
お客は、その価格で売付けることができます

ビッグフィギア
為替レートの最初の数桁を指すディーラー的な表現で
例えば、米ドル/円 市場で 107.30/107.35 の場合は30/35 と表現する。
この場合、107がビッグフィギアとなる

ファンダメンタルズ分析
金融市場の動向に影響を与える経済・政治的な基礎的諸条件分析。

フォワード
指定された将来の日付での為替取引を行う事

フォワードポイント
取引対象通貨と取引相対通貨間の金利差が反映される
先物レートを算出する為に直物レートに加味するポイント。
(スワップ・ポイント)の事

ブック
トレーダー個人または、その部門のポジション総合計の概略を指す。

フラット/スクウェア
反対売買をし終わり、ポジションを全く持っていない状態を示すディーラー用語
例 300,000ドル買ってそのあと300,000ドル売った場合、
ポジションがない状態(フラット/スクウェア)となる。

プライムレート
米国の主要銀行による優遇貸し出し金利

ブルマーケット
上昇傾向にある市場

プレミアム
通貨市場において、直物価格を上回るフォワード若しくはフューチャー価格の金額

ブレトンウッズ協定
通貨市場で、純金1オンスあたり35米ドルに固定されるよう
中央銀行に介入を義務付けることで
主要通貨に固定外国為替レートを確立した協定。
米国のニクソン大統領によって
1971年に破棄され変動相場制に移行するまでこの協定は存続した

ブローカー
料金または、手数料を取って、売り手と買い手を結びつける個人もしくは企業の事

プロフィットファクター
システムの良悪を計る基準の1つ。
そのシステムの獲得した総利益/そのシステムの失った総損失、という式で表されます。

プロフィットファクターが1よりも大きいと、そのシステムの収支は黒字になり。逆に1よりも小さければシステムの収支は赤字で、そのシステムを使い続ける限りお金が減っていくことになります。

具体的に言えば、プロフィットファクターが2.0であるとき、2万円勝つためには1万円負けることになるのです。

分散投資
投資者の利益拡大やリスク分散のため、
異なる市場に資産を分散する投資手法

平価切り上げ
中央銀行によって貨幣価値を引き上げる措置

平価切り下げ
規制されている通貨価値を計画的に切り下げて実勢の価値に修正する事

変動相場制
通貨を一定比率に固定せず、
為替レートの決定をマーケットの需要と供給に委ねる制度

ヘッジ
ポジションの組み合わせにより最初のポジションのリスクを軽減させる事

貿易収支
その国の輸出総額から、輸入総額を引いて算出される指標。

ポジション
買ポジションをロング、売ポジションをショート、中立をスクエアと呼ぶ

ボリンジャーバンド
移動平均線にマーケットの変動率の要素を加えたもので
バンドの縮小・拡大を使って相場が動きだすタイミングをはかることもできる。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional